みんなの出産用語辞典

会陰(えいん)保護

助産師が、会陰の皮膚が避けないように保護します

 赤ちゃんの頭がママの腟口をスムーズに通過するためには、腟と肛門の間の会陰部と呼ばれる筋肉がやわらかくなり、薄く伸びて腟口が大きく開く必要があります。会陰はとてもデリケートな部分なので、赤ちゃんの頭がいきなり出てくると、裂けてしまうこともあります。そうした裂傷はときには尿道のほうにまで広がってしまうことがあるため、「排臨(はいりん)」といわれる、赤ちゃんの頭が見え隠れしている時点で、会陰部をはさみで切って赤ちゃんが出やすいようにしてあげることがあり、これを「会陰切開(えいんせっかい)」といいます。「できれば会陰切開は避けたい」と感じるママも少なくないでしょうが、赤ちゃんが出てくるときに自然に裂けることもよくあります。一部の産院では、会陰切開を行わない方針のところもありますが、それには、助産師などのお産の介助者が時間をかけながら、上手に会陰保護を行い、会陰裂傷を回避する必要があります。会陰保護は、会陰の皮膚が少しずつ伸びるのを待ちながら、時間をかけて出てくるように介助者が会陰を押さえます。

[会陰(えいん)保護] 妊婦の悩みQ&A

38週の初産婦です。予定日が近づくにつれ、会陰切開(えいんせっかい)が恐ろしくてしょうがなくなってきました。よく切られるのも縫われるのもわからなかったという話が雑誌や本に載っていますが、私の周辺の経産婦さんのほとんどが、とにかく縫われるのが死ぬほど痛かったと言います。陣痛より痛かったと言う友だちもいるくらいです。怖くなって少し前から会陰マッサージを毎日していますが、効果があるのかいまいちよくわかりません。
不安なことについては助産師と話をすることが大切です。た…回答を見る
「運動しないと難産に?」「これが前駆陣痛?」…
不安や悩み、疑問に専門家が回答!「妊婦の悩みQ&A」…回答を見る

会陰(えいん)保護について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[会陰(えいん)保護] 関連用語

妊娠・出産・育児グッズのショッピング

powered by たまひよSHOP

人気お助けアイテム

出産内祝いギフト

「知っておきたい!」が一冊に

カテゴリから探す

妊娠・出産・育児のおすすめブランド