みんなの出産用語辞典

新生児黄疸(しんせいじおうだん)

ビリルビンの影響で皮膚が黄色に

  生まれてから2~3日すると、多くの赤ちゃんの肌が黄色っぽくなります。これは「新生児黄疸」と呼ばれる生理的な現象です。赤ちゃんは出生後、自分で呼吸をするようになると、胎内にいたときよりも赤血球が少なくて済むため、余分な赤血球は破壊され、ビリルビンとなります。しかし、生まれたばかりの赤ちゃんの肝臓では、たくさんのビリルビンを処理しきれず、一時的にビリルビンが血液の中にたまります。 ビリルビンは黄色い色をしているため、皮膚や白目が黄色っぽくなる黄疸が現れますが、1週間から10日ほどで自然に消えていきます。母乳を飲んでいる赤ちゃんは、母乳の成分の影響で黄疸が長引く場合がありますが、心配はいりません。

[新生児黄疸(しんせいじおうだん)] 妊婦の悩みQ&A

「運動しないと難産に?」「これが前駆陣痛?」…
不安や悩み、疑問に専門家が回答!「妊婦の悩みQ&A」…回答を見る

新生児黄疸(しんせいじおうだん)について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[新生児黄疸(しんせいじおうだん)] 関連用語