みんなの出産用語辞典

初節句(はつぜっく)

初めてのお節句。健やかな成長を祈りましょう

 生後初めて迎える節句を初節句といい、女児は3月3日の「桃の節句」、男児は5月5日の「端午(たんご)の節句」にお祝いします。初節句は、毎年の節句よりもにぎやかに祝い、子どもの健やかな成長を祈ります。
 生後3カ月に満たないうちに初節句を迎える場合は、翌年の節句まで待ちましょう。

ひな人形を出す時期・しまう時期

 男の子の節句は鎧兜(よろいかぶと)、武者人形(むしゃにんぎょう)、花菖蒲(はなしょうぶ)を飾り、女の子の節句はひな人形を飾ります。男女どちらの人形も飾りつけは2~3週間前から行います。節句が過ぎたらひな人形はすぐに片づけ、鎧兜や武者人形は1週間以内に片づけましょう。
 ひな人形は母親の実家が贈るのが習わしですが、現在はかなり高価なものですし、住宅事情もあるので、こだわる必要はありません。

[初節句(はつぜっく)] 妊婦の悩みQ&A

「運動しないと難産に?」「これが前駆陣痛?」…
不安や悩み、疑問に専門家が回答!「妊婦の悩みQ&A」…回答を見る

初節句(はつぜっく)について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[初節句(はつぜっく)] 関連用語

妊娠・出産・育児グッズのショッピング

powered by たまひよSHOP

人気お助けアイテム

出産内祝いギフト

「知っておきたい!」が一冊に

カテゴリから探す

妊娠・出産・育児のおすすめブランド