みんなの出産用語辞典

お食い初め(おくいぞめ)

赤ちゃんのために祝い膳を用意します

 お食い初めとは、「赤ちゃんが一生食べ物に困りませんように」という願いを込めた儀式です。地方により時期や習慣が異なりますが、生後100日から120日目に行うことが多いようです。 赤ちゃんのために祝い膳を用意し、食べさせるまねをします。このとき、長寿にあやかり、祖父母など、年長者に赤ちゃんを抱いてもらい、箸を口元に運んでもらいます。儀式のあとは赤ちゃんの成長と幸せを祈り、みんなで祝い膳を囲みます。

お祝いする場所は?

 自宅にママとパパの両親を招待して行います。食べさせるまねの儀式を両親にお願いしてみましょう。その場合、パパ側のお父さんかお母さんにお願いしても。今後の関係がスムーズになります。

どんな食器が必要?

 男の子は内側も外側も朱塗りの椀、女の子は内側が朱塗り、外側が黒塗りの椀を用意するのがしきたりですが、最近は新しい離乳食用の食器を使って、祝い膳をつくるケースも増えています。

祝い膳の内容と込められる意味は?

 古式の祝い膳の一例として、以下のようなものが用意されます。
(1)鯛や金頭(かながしら)など頭の大きな魚
(2)小石を奇数個
(3)梅干しを奇数個
(4)白いごはんに小さなおにぎりが3つ
 祝い膳は地方や家によって違いますが、たとえば(1)は首がしっかりすわると同時に人の頭に立つような人物になることを、(2)は石でもかめる丈夫な歯が生えることを、(3)はしわになるまで長生きするように、などの意味が込められています。鯛や金頭など尾頭(おかしら)つきの魚は必ずしも必要ではありませんが、お祝いの意味が込められているため、できれば用意しましょう。

[お食い初め(おくいぞめ)] 妊婦の悩みQ&A

「運動しないと難産に?」「これが前駆陣痛?」…
不安や悩み、疑問に専門家が回答!「妊婦の悩みQ&A」…回答を見る

お食い初め(おくいぞめ)について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[お食い初め(おくいぞめ)] 関連用語

妊娠・出産・育児グッズのショッピング

powered by たまひよSHOP

人気お助けアイテム

出産内祝いギフト

「知っておきたい!」が一冊に

カテゴリから探す

妊娠・出産・育児のおすすめブランド