みんなの出産用語辞典

内祝い

1カ月以内をめどにお返しをします

 本来、内祝いとは内輪の親しい人たちでするお祝いのこと。出産に限らず、家でお祝い事があったときに周囲の人にも贈り物をして喜びをおすそ分けする意味があったのです。出産の内祝いは、昔はお宮参りのあとに、赤飯などを配って歩くのがしきたりでした。現在は出産のお祝いを頂いた方に、1カ月以内をめどにお礼の品を贈ります。

妊娠中から準備しましょう

 妊娠中からカタログを取り寄せたり、お店に行って情報を収集します。集めた情報の中から、よさそうな品物を金額別にピックアップしておきましょう。さらにお礼の文面も考えておけば、産後はラクになります。お祝いをもらったら、名前、住所、もらった品物とおおよその金額、頂いた日にちを記録しておきます。

半返しが基本です

 お返しの金額の目安は、頂いたものの半額から3分の1です。のし紙の表書きは命名の報告も兼ね、赤ちゃんの名前に。難しい名前にはふりがなをつけるようにするといいでしょう。

内祝いの定番は?

タオル、石けん、お菓子、紅白まんじゅう、ハンカチ、紅茶など。日常使えるものや、お返しをする相手の好みなどを考えて、お返しをしましょう。

[内祝い] 妊婦の悩みQ&A

「運動しないと難産に?」「これが前駆陣痛?」…
不安や悩み、疑問に専門家が回答!「妊婦の悩みQ&A」…回答を見る

内祝いについて先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[内祝い] 関連用語