みんなの出産用語辞典

お七夜(おしちや)

命名書を飾り、健康を祈ります

 赤ちゃんが生まれた日から7日目の夜を「お七夜」といいます。赤ちゃんのこれからの健やかな成長を願う、平安時代から続くお祝い行事です。この日に名前を決めるのが昔からのしきたりで、命名書をへその緒と一緒に神棚に供えたり、壁などに張ってみんなにお披露目し、赤飯や尾頭つきの魚などの祝い膳を囲みます。最近は退院祝いを兼ねて行うことが多いようです。

命名書の書き方(略式)

半紙の中央の上にやや小さめに「命名」と書き、その下に名前を大きく書きます。左端に生年月日も入れます。ベビーベッドのそばの壁に張りましょう。命名書は、文房具店などで購入できます。

[お七夜(おしちや)] 妊婦の悩みQ&A

「運動しないと難産に?」「これが前駆陣痛?」…
不安や悩み、疑問に専門家が回答!「妊婦の悩みQ&A」…回答を見る

お七夜(おしちや)について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[お七夜(おしちや)] 関連用語

妊娠・出産・育児グッズのショッピング

powered by たまひよSHOP

人気お助けアイテム

出産内祝いギフト

「知っておきたい!」が一冊に

カテゴリから探す

妊娠・出産・育児のおすすめブランド