みんなの出産用語辞典

ミルクの種類と成分

長年の研究でより母乳に近いものに

 現在、市販されているミルクは、牛乳を原料にして加工されたものですが、その成分は、長年の研究と改良により、母乳にたいへん近いものになっています。とはいえ、母乳にまさるものはありません。
 主要成分の組成には基準がありますが、よりよいミルクを作るために、各メーカーにより独自の開発・研究が重ねられているため、製品ごとに少しずつ特徴が異なります。また、先天的に栄養素の代謝異常がある乳児のための治療用ミルクや、アレルギー用ミルクもあります。

ミルクの主な成分

★炭水化物…おなかの調子を整える

 ミルクの糖質のほとんどは乳糖ですが、母乳オリゴ糖やシアル酸も含まれています。乳糖は脳の発達を助け、母乳オリゴ糖はおなかの調子を整え、シアル酸は病原菌の感染から守ってくれます。

★タンパク質…母乳に多いラクトフェリン

 タンパク質は筋肉や血液をつくり、その機能を調整する働きをします。初乳に多く含まれるラクトフェリンは、病気への抵抗力が期待できる成分として注目されています。

★脂質…DHAを配合

 脂質はエネルギー源であり、必須脂肪酸の供給源。母乳と牛乳では含まれる脂肪酸の組成が異なります。ミルクには数種の植物油を組み合わせて配合し、脂肪酸のバランスを母乳に近づけています。

★ミネラル、ビタミン…ビタミンKを強化

 ミネラルは骨や歯をつくる重要な成分で、牛乳には母乳の約3.5倍含まれています。そのまま与えると腎臓に負担がかかるため、母乳に合わせてバランスよく配合されています。

[ミルクの種類と成分] 妊婦の悩みQ&A

粉ミルクには、合う合わないがあるんでしょうか?うちの子は、あるメーカーのミルクを飲ませるとうんちが緩くて飲ませるたびに出ます。別のメーカーのミルクだと大丈夫なんです。
あると思います。どのメーカーもより…回答を見る
もうすぐ5カ月になる娘を完ミで育てています。最近ミルクを欲しがりません。5時間も6時間もあくので、ミルクを180ml与えると飲みきったり20mlくらい残したりします。機嫌はよく、とくに変わった様子はないのですが、以前はミルクを飲んで4時間近くたつととグズったり大泣きして欲しがっていたので心配です。欲しがらなくても時間が来たらミルクを飲ませたほうがいいんでしょうか?
ミルクにしてもおっぱいにしても、…回答を見る

ミルクの種類と成分について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[ミルクの種類と成分] 関連用語