みんなの出産用語辞典

胎盤遺残(たいばんいざん)

胎盤の一部が子宮内に残ること

 通常、赤ちゃんの誕生後、子宮からはがれて娩出される胎盤が、全部はがれずに一部残ること。子宮の回復が遅れ、血性の悪露(おろ)が続きます。
 子宮収縮薬を投与して、子宮の収縮を促し、胎盤の娩出をスムーズにする処置を行います。また、胎盤の娩出後に、胎盤の大きさや重さを測るだけでなく、全部排出されたかどうかも調べます。最近では、胎盤遺残(たいばんいざん)による大出血や子宮内感染は、非常に少なくなっています。

[胎盤遺残(たいばんいざん)] 妊婦の悩みQ&A

「運動しないと難産に?」「これが前駆陣痛?」…
不安や悩み、疑問に専門家が回答!「妊婦の悩みQ&A」…回答を見る

胎盤遺残(たいばんいざん)について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[胎盤遺残(たいばんいざん)] 関連用語