みんなの出産用語辞典

後陣痛(こうじんつう)

子宮が回復するための痛みです

 産後、子宮は急速に妊娠前の大きさに戻ろうとして、収縮を繰り返しますが、このときにおなかがキューッとなる痛みを後陣痛といいます。このような痛みがあるのは、子宮の出血を防止し、後産(あとざん)の一部が子宮内に残らないように排出を促すためです。初産婦さんよりも経産婦さんのほうが痛みを強く感じるようです。
 産後2~3日で痛みは軽くなりますが、痛みが強い場合は、医師や助産師さんに伝えましょう。必要なときは、痛み止めの薬を出してもらえます。

[後陣痛(こうじんつう)] 妊婦の悩みQ&A

5年前、帝王切開で出産し、今回も再び帝王切開で出産することに決めました。今回は計画的なので陣痛前に手術を受けることになるのですが、手術後の痛みは変わらないですか?陣痛が起きてからの帝王切開は痛みが強いと聞いたことがありますがどうなのでしょうか。
帝王切開は、必ず麻酔をしてから手術を行うので、手術中に…回答を見る
「運動しないと難産に?」「これが前駆陣痛?」…
不安や悩み、疑問に専門家が回答!「妊婦の悩みQ&A」…回答を見る

後陣痛(こうじんつう)について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[後陣痛(こうじんつう)] 関連用語