みんなの出産用語辞典

メトロイリンテル

子宮口が開かないときに使う水風船のような器具

 メトロイリンテルは略して「メトロ」と呼ばれたり、その形状から「バルーン」(風船)と呼ばれています。
 メトロは水風船のようなもので、しぼんだ状態の風船を子宮口に挿入し、滅菌した水を注射器でメトロ(風船)内に注入していきます。メトロがふくらむと内側からの圧力で、子宮口が押し広げられていきます。サイズにはいくつか種類があり、子宮口の開き具合によって医師が使い分けます。
 メトロは子宮口がすでに開き始めていて、陣痛も少しあるようなときに使われます。まったく開いていないときは、まず、ダイラパンやラミナリアで広げ、それからメトロを使うことがあります。

[メトロイリンテル] 妊婦の悩みQ&A

出産予定日を過ぎている初産婦です。予定日5日後までに生まれなかったらダイラパンを挿入すると言われました。ダイラパンに副作用などありますか?また痛みなど伴うものなのですか?
ダイラパンは、…回答を見る
「運動しないと難産に?」「これが前駆陣痛?」…
不安や悩み、疑問に専門家が回答!「妊婦の悩みQ&A」…回答を見る

メトロイリンテルについて先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[メトロイリンテル] 関連用語