みんなの出産用語辞典

卵膜剥離(らんまくはくり)

 なかなかお産が始まらず、まだ子宮口もかたいときに、医師が内診をして、赤ちゃんを包んでいる卵膜を子宮壁から少しはがします。これを「卵膜剥離」といいます。この刺激で陣痛が始まったり、子宮口が開いたりすることを期待して行われます。

[卵膜剥離(らんまくはくり)] 妊婦の悩みQ&A

妊娠37週の妊婦です。健診時に内診と刺激をされ、出血してしまいました。出血があるときに入浴しても問題はないのでしょうか?
医師にもよりますが、臨月になると内診の時に子宮口を刺激…回答を見る
昨日内診後、出血しました。出血が続くようなら、夜中でも構わないので受診してくださいと言われました。出血が続くので電話をすると、看護師が独断で、「そのうち陣痛が来るんじゃない?」と、とり合ってくれませんでした。1日経ちましたが、出血は続いています。人によって対応が違うので、困惑しています。出血していても様子を見ていていいものですか?
内診後に出血することは、珍しいことではりません。現在の…回答を見る

卵膜剥離(らんまくはくり)について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[卵膜剥離(らんまくはくり)] 関連用語