みんなの出産用語辞典

導尿(どうにょう)

 お産が進んでくると、陣痛の痛みで尿意の感覚が鈍くなったり、赤ちゃんの頭が膀胱(ぼうこう)を圧迫して、尿意はあるのに自力で排泄できなくなってしまう場合があります。
 このようなときは、カテーテルという細い管を尿道に挿入して、尿を取る処置をします。これを「導尿」といいます。膀胱が空になると陣痛が強くなり、赤ちゃんが下りやすくなります。
 また産後、尿意の感覚が鈍くなり、自力で尿を排泄できないときがあります。このときも導尿の処置をすることがあります。

[導尿(どうにょう)] 妊婦の悩みQ&A

「運動しないと難産に?」「これが前駆陣痛?」…
不安や悩み、疑問に専門家が回答!「妊婦の悩みQ&A」…回答を見る

導尿(どうにょう)について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[導尿(どうにょう)] 関連用語