みんなの出産用語辞典

鉗子分娩(かんしぶんべん)

 鉗子分娩も吸引分娩と同じように、子宮口が全開大になってから行う分娩方法です。
 鉗子は、金属製の2枚のへらを合わせたような形の器具で、その器具で赤ちゃんのあごから頭にかけての部分を挟み、ママのいきみと同時に医師が赤ちゃんを適切な方向に誘導し、引き出します。赤ちゃんの頭にうっすらとあとが残ることがありますが、時間がたてばきれいになおります。
 帝王切開が間に合わない場合には、鉗子分娩は大きな助けになります。ただし、鉗子を使うには熟練したテクニックが必要なので、鉗子を使う医師は少なくなってきています。吸引で無理なときは、帝王切開分娩に切り替えるケースもあります。

[鉗子分娩(かんしぶんべん)] 妊婦の悩みQ&A

「運動しないと難産に?」「これが前駆陣痛?」…
不安や悩み、疑問に専門家が回答!「妊婦の悩みQ&A」…回答を見る

鉗子分娩(かんしぶんべん)について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[鉗子分娩(かんしぶんべん)] 関連用語

妊娠・出産・育児グッズのショッピング

powered by たまひよSHOP

人気お助けアイテム

出産内祝いギフト

「知っておきたい!」が一冊に

カテゴリから探す

妊娠・出産・育児のおすすめブランド