みんなの出産用語辞典

弛緩出血(しかんしゅっけつ)

 赤ちゃんと胎盤(たいばん)が娩出されたあと、子宮の筋肉は急速に収縮を始め、胎盤がはがれた面のむき出しになった血管も閉じていきます。
 ところが、子宮の収縮が悪いと、胎盤の剥離面にある血管が閉じずに、大量出血をしてしまうことがあります。これを「弛緩出血」といいます。大量出血を起こすと、ママが危険な状態に陥ることがあります。
 通常のお産では、200~250ml程度の出血で、500ml以内なら正常範囲です。これを超えると異常出血として水分や電解質などを投与する輸液や輸血などの処置が行われます。

原因

 多胎妊娠や巨大児出産、羊水過多症(ようすいかたしょう)などで子宮筋が伸びきって収縮力が弱くなっている場合、遷延分娩(せんえんぶんべん)で子宮筋が疲れきってしまったときなどに起こります。

処置

 弛緩出血は分娩後短時間のうちに大量の出血が起こり、ママが死亡する危険もある重大なトラブルです。一刻も早く子宮を収縮させないといけないので、すぐに子宮収縮薬を注射します。同時に、子宮の収縮力を高めるために、子宮底をマッサージしたり、医師が手で子宮を圧迫して止血することもあります。

[弛緩出血(しかんしゅっけつ)] 妊婦の悩みQ&A

「運動しないと難産に?」「これが前駆陣痛?」…
不安や悩み、疑問に専門家が回答!「妊婦の悩みQ&A」…回答を見る

弛緩出血(しかんしゅっけつ)について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[弛緩出血(しかんしゅっけつ)] 関連用語

妊娠・出産・育児グッズのショッピング

powered by たまひよSHOP

人気お助けアイテム

出産内祝いギフト

「知っておきたい!」が一冊に

カテゴリから探す

妊娠・出産・育児のおすすめブランド