みんなの出産用語辞典

産道(さんどう)

生まれてくる赤ちゃんの「通り道」です

 分娩のときに赤ちゃんが通過してくるところを「産道」といいます。産道は「軟産道(なんさんどう)」と「骨産道(こつさんどう)」に分けられ、軟産道は、子宮下部、子宮頸管(しきゅうけいかん)、腟、外陰部(がいいんぶ)の筋肉や靱帯(じんたい)からなるやわらかい部分のこと。一方、骨産道は、そのまわりにある骨盤の内側を指します。分娩時には、ホルモンの働きによって、軟産道はやわらかく伸び、骨産道は結合部が緩んできます。

[産道(さんどう)] 妊婦の悩みQ&A

36週の経産婦です。と言っても、1人目を産んだのは7年前。久しぶりの妊娠です。後期に入り、お産についていろいろ言われます。たとえば、「1人産んでるんだから産道はできてるし、ポンと生まれるよ」とか、逆に「7年もあいたら、初産と一緒だね」など。そこで質問なのですが、産道とは閉じたりするものなのでしょうか?
臨月に入り、お産が近づいてくると、…回答を見る
今37週です。健診で産院に行ったら、産道が狭いし、全然下に下りてきてないから、「今よりもっと運動をしたほうがいい」と言われました。今は、昼と夜に1時間ずつ歩いています。ほかにどんな運動をしたほうが、赤ちゃんが下のほうに、下りてきますか?
37週なら、これから下がってくるかもしれないので、…回答を見る
39週になる初産婦(しょさんぷ)です。「次回の健診で産道をやわらかくする注射をします」と言われました。陣痛を誘発させるものではないと説明を受けましたが、この注射はよく使われるものなのでしょうか?
この注射には、…回答を見る

産道(さんどう)について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[産道(さんどう)] 関連用語