みんなの出産用語辞典

児頭骨盤不均衡(じとうこつばんふきんこう)

 赤ちゃんが生まれてくるためには、骨盤という大きな難関を通る必要があります。実際のお産では、ホルモンの働きでママの骨盤が緩み、また、赤ちゃんも頭蓋骨のつなぎ目を重ね合わせて、できるだけ頭を小さくして通過しようとします。(これを応形機能といいます)ところが、明らかにママの骨盤が狭いとき(狭骨盤/きょうこつばん)や、赤ちゃんの頭がママの骨盤に比べて大きいときは、スムーズに通過できず、経腟分娩が難しくなります。このような場合を「児頭骨盤不均衡」といいます。

原因

 普通、赤ちゃんの大横径(だいおうけい=頭の横の直径)は9cmくらい、ママの骨盤の内径は11cmくらいです。ママの身長が150cm以下と小柄な場合には、赤ちゃんの頭より骨盤が狭い可能性が。また、ママの骨盤の広さに問題がなくても、巨大児や大横径が標準よりかなり大きい場合は、児頭骨盤不均衡が疑われます。

お産方法と処置

 児頭骨盤不均衡が疑われるときは、エックス線撮影をして骨盤の大きさや形を調べることがあります。経腟分娩が明らかに不可能と判断されたときは、帝王切開分娩になります。とはいえ、実際にお産が始まってみないと、赤ちゃんの頭がどのくらい応形するのか、どんな角度で骨盤に入っていくか、わからないケースも多いのです。そこで、まず経腟分娩を試みた上で、注意深くお産の進行状態を見ながら、帝王切開分娩に切り替えることもあります。

[児頭骨盤不均衡(じとうこつばんふきんこう)] 妊婦の悩みQ&A

「運動しないと難産に?」「これが前駆陣痛?」…
不安や悩み、疑問に専門家が回答!「妊婦の悩みQ&A」…回答を見る

児頭骨盤不均衡(じとうこつばんふきんこう)について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[児頭骨盤不均衡(じとうこつばんふきんこう)] 関連用語

妊娠・出産・育児グッズのショッピング

powered by たまひよSHOP

人気お助けアイテム

出産内祝いギフト

「知っておきたい!」が一冊に

カテゴリから探す

妊娠・出産・育児のおすすめブランド