みんなの出産用語辞典

緊急帝王切開分娩

 分娩前や分娩中に赤ちゃんの心拍数が減少したり、胎盤(たいばん)やへその緒に異常が起きて赤ちゃんに危険が及び、早急に体外に出す必要があるとき、また、ママの体に負担がかかり、危険な状態になった場合に行われます。

ママに原因がある場合

「母体合併症」(急性虫垂炎、腸閉塞など)
 急性の虫垂炎や腸閉塞など、そのままにしておくと、ママの体に危険が及ぶ病気が発症したときは、緊急帝王切開分娩になります。

赤ちゃんに原因がある場合

「さかご」
 手術予定日の前に破水したり、へその緒が赤ちゃんに絡まって赤ちゃんへの酸素が十分に届かない場合やなんらかの理由で赤ちゃんに危険が及んでしまう場合は、帝王切開分娩になります。
「胎児機能不全」
 なんらかの原因によって、赤ちゃんに酸素が届きにくくなり、赤ちゃんの心拍が異常に速くなったり遅くなったりする状態が長く続き、赤ちゃんの脳や体の機能に影響を及ぼす恐れがあるときに、帝王切開分娩になります。
「臍帯下垂・臍帯脱出(さいたいかすい・さいたいだっしゅつ)など」
 破水前にへその緒が子宮口のそばまで下がっていたり、破水後、へその緒が赤ちゃんよりも先に出てしまう場合で、子宮口が全開大になっていない場合には帝王切開分娩になります。

ママと赤ちゃん両方に原因がある場合

「重度の妊娠高血圧症候群」
 胎盤の血流が悪くなり、胎児機能不全に至る可能性があるため、胎盤機能や母体の状態によっては予定帝王切開(分娩)に。予定日よりも前に、母体も赤ちゃんも危険な状態になったときは緊急帝王切開分娩で赤ちゃんを取り出します。
「重度の子宮内感染症」
 子宮内で感染を起こすと、赤ちゃんの状態が悪くなるので、早急に赤ちゃんを取り出します。
「前置胎盤(ぜんちたいばん)」
 前置胎盤で出血が起こった場合は、母子共に危険なため、緊急帝王切開分娩になります。
「分娩停止」
 経腟分娩の経過中に、なんらかの理由(児頭骨盤不均衡の疑い、回旋異常、子宮筋腫など)によって分娩が進行しなくなった場合は、母子共に危険なため緊急帝王切開分娩になります。

[緊急帝王切開分娩] 妊婦の悩みQ&A

さかごになってしまい、さかご治療をやっている鍼灸(しんきゅう)に通っています。今日の健診で、「へその緒が巻きついているからさかごになってるんだ」と産科の先生に言われました。そういう場合、鍼灸のさかご治療は効果があるのでしょうか。治らないと、1カ月後に帝王切開です。ケロイド体質であるというのも困っています。
妊娠後期に入ると、…回答を見る
40才の初妊婦です。9カ月になりますが、今のところ出産について何も言われていません。さかごでもありません。中期からおなかの張りがひどく切迫早産気味でしたが、高齢ということでまわりから、帝王切開に違いないと言われています。高齢の場合、帝王切開のほうがいいのでしょうか?
高齢(医学的には高年といいます)…回答を見る
38週の初産婦(しょさんぷ)です。私は身長が148cmで小柄で骨盤も狭いようです。赤ちゃんは現在2450gで小ぶりなほうだと言われました。今日の健診で、「赤ちゃんがまだまだ下がってきていなくてしばらく生まれそうにない」とのことだったのですが、これ以上赤ちゃんが大きくなったり私の体重が増えてしまうとリスクが高まるので帝王切開になるかもと言われました。できるだけ経腟分娩で産みたいのですが、難しいのでしょうか?お産を早めるには歩くなどの方法しかないですか?
小柄なママからは…回答を見る

緊急帝王切開分娩について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[緊急帝王切開分娩] 関連用語