みんなの出産用語辞典

予定帝王切開分娩

 妊娠中の検査で、経腟分娩では赤ちゃんやママの体に負担が大きく、危険が伴うと判断されると、あらかじめ出産日を決めて手術を行う「予定帝王切開分娩」になります。予定帝王切開分娩になるかどうかは、妊娠37週前後に超音波検査や内診などの検査結果をもとに決定します。トラブルがあるときは、それよりも早まるケースも。
 手術は妊娠38週ごろに行われますが、さかごの場合は破水しやすく、破水してしまうと臍帯(さいたい=へその緒)が赤ちゃんよりも先に出て、危険な状態になるため、陣痛開始前に手術が行えるよう、早めに予定帝王切開分娩になることもあります。

ママに原因がある場合

「狭骨盤(きょうこつばん)」
 赤ちゃんの頭の大きさに比べ、ママの骨盤が小さいケースを「狭骨盤」といいます。妊娠中に経腟分娩が可能かどうかを調べ、難しいと判断されたときは帝王切開分娩に。ママの身長が150cm以下で、赤ちゃんが大きめの場合も検討されます。
「心臓病や子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)などの持病」
 ママに心臓病や腎臓病などの持病があるとき、妊娠高血圧症候群を合併したとき、経腟分娩では母体への負担がさらに高まると判断されると帝王切開分娩に。子宮口近くに大きな子宮筋腫があるときや、過去に帝王切開分娩など子宮の手術を受けたときも、帝王切開分娩が検討されます。

赤ちゃんに原因がある場合

「さかご」
 経腟分娩では体よりも先にへその緒が出てしまうと、赤ちゃんに送られる酸素が途絶える危険があります。また、最後に出る頭が産道に引っかかり、お産が長引く可能性も。そのため、帝王切開分娩を選択するケースが多いようです。
「胎児発育不全(たいじはついくふぜん)」
 赤ちゃんの成長が不十分なとき、おなかの外に出して、適切な処置を受けたほうがいいと判断されたときに。
「胎児機能不全」
 胎盤(たいばん)やへその緒になんらかの異常があり、赤ちゃんの体調が不安定な状態が続き、早めに赤ちゃんを取り出す必要があると判断されたときに。

ママと赤ちゃん両方に原因がある場合

「前置胎盤(ぜんちたいばん)」
 胎盤が完全に、または大きく子宮口をふさいでいる前置胎盤の場合、陣痛によって胎盤がはがれると、大出血を起こす危険があるため、あらかじめ帝王切開分娩が選択されます。胎盤が部分的に子宮口をふさいでいる場合も、安全のために帝王切開分娩に。
「多胎分娩」
 多くの場合、帝王切開分娩になります。双子の場合は産院によっては経腟分娩を試みるケースも。三つ子の場合はほとんど帝王切開分娩になります。

[予定帝王切開分娩] 妊婦の悩みQ&A

37週で帝王切開を1週間後に控えている経産婦です。最近家事をこなすのが困難なほど、頭痛がひどく困っています。痛み止めを飲むことはできないですし、痛みを止める、または痛みを和らげる方法はありませんか?
生活ができないほど痛みがあるのはつらいですね。血圧は高…回答を見る
5年前、帝王切開で出産し、今回も再び帝王切開で出産することに決めました。今回は計画的なので陣痛前に手術を受けることになるのですが、手術後の痛みは変わらないですか?陣痛が起きてからの帝王切開は痛みが強いと聞いたことがありますがどうなのでしょうか。
帝王切開は、必ず麻酔をしてから手術を行うので、手術中に…回答を見る

予定帝王切開分娩について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[予定帝王切開分娩] 関連用語

妊娠・出産・育児グッズのショッピング

powered by たまひよSHOP

人気お助けアイテム

出産内祝いギフト

「知っておきたい!」が一冊に

カテゴリから探す

妊娠・出産・育児のおすすめブランド