みんなの出産用語辞典

無痛分娩(むつうぶんべん)

 無痛分娩とは麻酔を使ったお産のこと。麻酔を使って、陣痛の痛みを取り除くことで筋肉の余分な緊張をなくし、リラックスした状態で出産します。痛みに対する恐怖心が強い人、痛みにパニックを起こしやすい人、高血圧や心臓病などの合併症があり、体に過度のストレスをかけるのは危険と判断されたときに、有効な出産方法です。
 麻酔の方法には大きく2つあり、部分的な効果の麻酔(区域麻酔)と全身麻酔があります。妊婦さんの状態や希望によってどの麻酔を使うかは異なります。現在では区域麻酔の一つである硬膜外麻酔(こうまくがいますい)が主流で、脊髄(せきずい)を包んでいる硬膜の外側にある硬膜外腔(こうまくがいくう)という狭い空間に麻酔液を注入して麻酔をかけます。この麻酔法では陣痛の痛みだけを取るので、産婦さんの意識ははっきりしていて、なおかつ、自分でいきんで赤ちゃんを出産し、産声(うぶごえ)を聞くことができます。しかし、陣痛が弱くなる場合があり、陣痛促進薬の使用や吸引分娩が多くなる傾向があります。また、帝王切開分娩が必要になったときは、同じ麻酔方法で行うことができるので、緊急時に即座に対応できます。
 そのほかの麻酔法としては、同じ区域麻酔に、効きめが早く、麻酔量が少なくて済む、脊髄くも膜下麻酔法(サドルブロック)や、全身麻酔の静脈麻酔法、吸入麻酔法があります。
 無痛分娩は妊婦さんの希望で行うことができますが、出血傾向のある人や、麻酔注入部位の感染症がある人、心疾患の一部に該当する人は硬膜外麻酔ができない場合もあります。

[無痛分娩(むつうぶんべん)] 妊婦の悩みQ&A

妊娠6カ月の初産婦です。最近、サイトなどの書き込みなどを見て出産時の痛みに対しての不安が高まりつつあります。無痛分娩などもあるようですが、産院に問い合わせたところ、費用が60万円ほどかかるし、予約でいっぱいだと断られてしまい…。普通分娩って耐えきれる痛みなのでしょうか?
わざわざ怖い話を読んで不安をふくらませないで。…回答を見る
現在、34週5日です。1人目のお産がつらかったと話すと、医師から無痛分娩をすすめられました。無痛分娩では痛みはかなり抑えられますか?微弱陣痛になることはないのですか?
無痛分娩は、的確なタイミングで麻酔が効くと、…回答を見る

無痛分娩(むつうぶんべん)について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

妊娠・出産・育児グッズのショッピング

ベネッセのオリジナル商品が購入できます。

ベネッセの妊娠・出産・子育てのオリジナルグッズ supported by Benesse® LifeSmile Shop