みんなの妊娠用語辞典

ロングフライト血栓症

長時間、飛行機に乗る場合は水分補給をしっかりと

 飛行機内は乾燥していて、長時間いると体の水分が失われるため、血液が固まりやすくなります。さらに、同じ姿勢でいることで血液の循環が悪くなり、血栓(けっせん)と呼ばれる血のかたまりができてしまうことがあります。これをロングフライト血栓症といいます。エコノミークラス症候群と同じことです。妊娠中は血栓症を起こしやすい状態にあるため、長時間飛行機に乗る場合は、2時間おきに機内を歩いたり、ふくらはぎのマッサージをしたりして、体を動かしましょう。また小まめに水分補給をすることも大事です。念のため、搭乗前に問題ないか産婦人科医に確認しましょう。

[ロングフライト血栓症] 妊婦の悩みQ&A

妊娠16週で新婚旅行は大丈夫でしょうか?飛行機での移動やアミューズメントパークなどに行く予定なので、ちょっと不安があります。
今までの妊娠経過や、旅行の移動時間などがわからないので…回答を見る

ロングフライト血栓症について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[ロングフライト血栓症] 関連用語