みんなの妊娠用語辞典

未熟児養育医療制度

小さく生まれた赤ちゃんの入院、治療費を自治体が援助

 赤ちゃんが小さく生まれたり、発育や体の機能が未熟だったりして、入院養育が必要であると医師が認め、条件を満たしている場合、自治体がその費用を援助してくれる制度。保護者の所得によっては、一部負担金が発生しますが、0才の間はどの自治体でも乳幼児の医療費助成の対象になります。住んでいる地域の保健所に申請し、承認されれば養育医療券が交付されるので、医療機関に提出しましょう。大きな医療機関では、医療者側からこの制度が案内されるのが一般的。

[未熟児養育医療制度] 妊婦の悩みQ&A

「運動しないと難産に?」「これが前駆陣痛?」…
不安や悩み、疑問に専門家が回答!「妊婦の悩みQ&A」…回答を見る

未熟児養育医療制度について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[未熟児養育医療制度] 関連用語

妊娠・出産・育児グッズのショッピング

powered by たまひよSHOP

人気お助けアイテム

出産内祝いギフト

「知っておきたい!」が一冊に

カテゴリから探す

妊娠・出産・育児のおすすめブランド