みんなの妊娠用語辞典

排卵誘発薬

不妊症で排卵にトラブルがある場合に使用します

 女性は毎月片方の卵巣から卵子が排出されます。ただし、ストレスやホルモンのトラブルで排卵が起こらなかったり、起こりにくい場合があります。そのために妊娠に至らない場合は、排卵誘発剤を使って排卵を促します。飲み薬と注射薬とがあり、初めは飲み薬を少量から始め、効果がない場合には徐々に増やし、注射薬へと移行します。医師が体に負担のないように治療をしますが、薬の種類によっては副作用として卵巣過剰刺激症候群(らんそうかじょうしげきしょうこうぐん)といい、卵巣が腫(は)れたり、腹痛やおなかの張りとともにおなかに水がたまることも。また注射薬では多胎妊娠が増加することが知られています。治療で排卵誘発薬を使用する際に不安な場合は、医師に伝え、きちんと説明を受けましょう。

妊娠経過に排卵誘発薬を使用したことは影響しません

 排卵誘発薬の治療で妊娠した場合でも、その薬がおなかの赤ちゃんや妊娠経過に影響を及ぼすことはまずありませんから、安心してください。

[排卵誘発薬] 妊婦の悩みQ&A

現在、5週です。不妊治療をしていて、排卵誘発の注射をしていました。今回無事に着床しましたが、誘発期間から妊娠判明まで、また駄目かもと思いながら、ビールを飲み続けてました。通常妊娠判明でやめれば大丈夫と書かれていますが、大丈夫なのでしょうか?誘発期間と着床(ちゃくしょう)期間が気になります。教えてください。
妊娠されて、とてもうれしい気持ちと同時に、不安になって…回答を見る

排卵誘発薬について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[排卵誘発薬] 関連用語