みんなの妊娠用語辞典

椎間板ヘルニア

姿勢が悪いと起こしやすいので、しっかりと予防を

骨と骨との間には椎間板(ついかんばん)と呼ばれるクッションの役割をする軟骨があります。この椎間板が激しい運動や無理な姿勢などで飛び出してしまい、神経を圧迫して痛みを引き起こすのが椎間板ヘルニアです。もともと腰痛持ちだったり、過去に椎間板ヘルニアを患ったことがある人などは、妊娠して腰に負担をかけるような姿勢が続くと起こしやすいので、しっかりと予防することが大切です。

正しい姿勢で腰に負担をかけない工夫を

椎間板ヘルニアにならないためには、普段から正しい姿勢を心がけましょう。椅子に座るときは背もたれに密着するように深く腰かけ、床に座るときも背骨をまっすぐ伸ばすようにしましょう。腰に負担をかけないようにするのも大切なポイント。重いものを持たないようにしたり、低いところにあるものを拾うときはひざを曲げて取りましょう。

[椎間板ヘルニア] 妊婦の悩みQ&A

腰痛がひどくて歩くときや寝返りがつらいときがあります。先生に相談したらヘルニアかもしれないと言われました。おなかが大きくなると腰の負担も増えてくるので治したいです。整形外科に行っても大丈夫ですか?
妊娠中に整形外科に行くのは、…回答を見る

椎間板ヘルニアについて先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[椎間板ヘルニア] 関連用語