みんなの妊娠用語辞典

脂溶性ビタミン

妊娠中の過剰な摂取は控えるようにしましょう

 食物に含まれるビタミンには体に蓄積される脂溶性と、必要以上にとっても尿中に排出される水溶性ビタミンとがあります。脂溶性ビタミンにはビタミンA、D、E、Kがあり、中でもビタミンAを過剰に摂取すると、おなかの赤ちゃんに影響を及ぼすことがわかっています。ビタミンAを多く含む食品にはレバー類やうなぎなどが挙げられます。通常の食生活であれば問題ありませんが、ビタミン剤をむやみに服用する、レバー類を毎日のように食べるといったことは避けましょう。

[脂溶性ビタミン] 妊婦の悩みQ&A

現在妊娠9週です。妊娠初期に頻繁にたらこやイクラを食べていました。イクラはビタミンAが豊富と聞いて、とても不安になりました。大丈夫でしょうか?
たらこやイクラをたくさん食べたら、塩分をとりすぎていな…回答を見る

脂溶性ビタミンについて先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[脂溶性ビタミン] 関連用語