みんなの妊娠用語辞典

後期流産

妊娠12週以降に起こる流産で母体側の原因によることが多くなります

 赤ちゃんがママのおなかの外で育つことのできない妊娠22週未満に、妊娠が中断してしまうことを流産といいますが、中でも妊娠12週以降に起こる流産を後期流産と呼んでいます。子宮内感染や子宮頸管無力症(しきゅうけいかんむりょくしょう)、子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)、膠原病(こうげんびょう)などの自己免疫疾患など母体側の原因によることが多くなります。

できるだけ早く処置をし、原因に応じてケアをしながら次の妊娠を

 出血やおなかの痛みなどがあり、後期流産と診断されたらできるだけ早く処置をします。週数によって、子宮の中をきれいにする子宮内容除去術や、分娩と同じように陣痛を起こして処置をする場合もあります。大きくなってきてからの流産はショックも大きいでしょうが、原因がわかることが多いですから、その原因に応じたケアをすれば次の妊娠も可能です。心配なことは産婦人科医に伝え、原因やその後の妊娠について詳しく聞きましょう。

[後期流産] 妊婦の悩みQ&A

現在5週の妊婦です。前回心拍確認後すぐ流産したのがトラウマで、関係ないとわかりながらも、現在の介護の仕事が不安で怖くてしかたありません。無理をしないように仕事をしたり体調を崩し早退すると、職場の人から不満の声が上がります。最近情緒不安定です。パパは卑屈になりすぎ、落ち着けと言います。どうしたら不安は軽くなりますか。
仕事との両立はなかなか大変ですね。…回答を見る
サラダとかにのってるパセリを食べてしまいました。流産する食べ物といわれてますが胎児に影響ありますか?知らずに食べてとても後悔してます。赤ちゃんは大丈夫でしょうか?
パセリを食べたからと…回答を見る

後期流産について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[後期流産] 関連用語