みんなの妊娠用語辞典

区域麻酔・硬膜外麻酔・脊椎麻酔

手術中も意識がはっきりとしている部分的な麻酔

 帝王切開分娩では、手術中も意識がはっきりしている区域麻酔を使用することがほとんどです。麻酔には、即効性があり、麻酔薬の量が少なくてすむ脊椎麻酔(せきついますい)を使うのが一般的。また、持続性があり長時間の手術も可能な硬膜外麻酔(こうまくがいますい)を使用する産院もあります。どちらを使うのかは母体や赤ちゃんの状態、施設の方針で決まります。帝王切開分娩だけでなく、出産の痛みを取り除く無痛分娩でも、区域麻酔を採用している施設があります。麻酔薬が赤ちゃんや母体に影響しないか心配なママもいるでしょう。確かに麻酔薬は胎盤を通しておなかの赤ちゃんに届きますが、何かしら影響が出たという報告はありません。きちんとした管理のもとに行われますから、安心してください。

[区域麻酔・硬膜外麻酔・脊椎麻酔] 妊婦の悩みQ&A

「運動しないと難産に?」「これが前駆陣痛?」…
不安や悩み、疑問に専門家が回答!「妊婦の悩みQ&A」…回答を見る

区域麻酔・硬膜外麻酔・脊椎麻酔について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[区域麻酔・硬膜外麻酔・脊椎麻酔] 関連用語

妊娠・出産・育児グッズのショッピング

powered by たまひよSHOP

人気お助けアイテム

出産内祝いギフト

「知っておきたい!」が一冊に

カテゴリから探す

妊娠・出産・育児のおすすめブランド