みんなの妊娠用語辞典

育児休業給付金

育児休業中の生活をサポートしてくれる給付金

 雇用保険に入っていて、育児休業を取ったあとも働き続ける人が、育児休業中にもらえるのが育児休業給付金です。自営業や自由業の人、産休後にすぐ復帰する人、産休後に退職する予定の人、妊娠中に退職する人、育休中に給料が8割以上出る人などはもらえません。またパートやアルバイトで期間雇用されている人はもらえる条件がさらに厳しくなります。育休を取れる条件と育児休業給付金をもらえる条件は異なりますから、自分の場合はどうなのか勤め先の担当者に詳しく聞いてみましょう。

休業中に月給の67%(180日まで)または50%(181日以降)×休んだ月数分が育休中に支給されます

 育児休業給付金は、育休中の生活を支援するために、雇用保険から支給されます。
①育児休業を開始した日の前2年間に、1カ月に11日以上働いた月が通算12カ月以上あること
②雇用保険に加入していて、育休後も復帰して働き続けること
③育児休業を取り、育休開始から、1カ月ごとの支給単位期間に休業日が20日以上ある
④育児休業中に、育児休業開始前の給料の8割以上が出ていない
がもらえる人の条件です。
 なお、月給の67%(180日まで)または50%(181日以降)×育休として休んだ月数=もらえる金額(総額)となります。
(ファイナンシャルプランナー 畠中雅子先生)

[育児休業給付金] 妊婦の悩みQ&A

「運動しないと難産に?」「これが前駆陣痛?」…
不安や悩み、疑問に専門家が回答!「妊婦の悩みQ&A」…回答を見る

育児休業給付金について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[育児休業給付金] 関連用語

妊娠・出産・育児グッズのショッピング

powered by たまひよSHOP

人気お助けアイテム

出産内祝いギフト

「知っておきたい!」が一冊に

カテゴリから探す

妊娠・出産・育児のおすすめブランド