みんなの妊娠用語辞典

出産手当金

産休中の生活を勤務先の健康保険がサポート

 仕事を続けるママの産休中、給料の代わりに、勤務先の健康保険が収入を援助してくれるのが出産手当金です。以前は退職後6カ月以内に出産したママも条件を満たせばもらえましたが、平成19年4月からは対象外となり、原則として仕事を続けるママのための制度となりました。

もらえる金額

「日給」の2/3×産休をとった日数分が、申請して1~2カ月後に振り込まれます。
 月給÷30=「日給」
「日給」×2/3×産休をとった日数=もらえる金額
 となります。
 出産手当金の「日給」を算出するときの基になる「月給」を「標準報酬月額」といいます。これには基本給にプラスして残業代、通勤手当や住宅・家族手当などの各種手当などすべてが含まれます。ただし、残業代なども考慮の対象に入るため、各月が固定しているわけではありません。そこで、毎年4・5・6月、3カ月の平均を求め、それを「標準報酬月額」としています。これを30日で割ったものが、出産手当金の基本金額である「日給(標準報酬日額)」となります。

もらえる人は?

 会社員・公務員で、勤務先の健康保険に加入し、産休中も保険料の支払いを継続しているママが対象となります。産休中に給料が3分の2以上出る場合は、もらえません。
 専業主婦、自営業、自由業、パート・アルバイトなど国民健康保険加入の人はもらえません。また、会社員でも、加入している健康保険が国民健康保険の場合はもらえません。

申請方法は?

 産休前に、勤務先または勤務先を管轄する協会けんぽや社会保険事務所で申請用紙を入手します。出産後、産院や勤務先で必要事項を記入してもらい、勤務先の健康保険窓口などへ提出しましょう。

[出産手当金] 妊婦の悩みQ&A

現在妊娠6カ月なのですが、産院もろくに行けてません。さらに出産する産院すら決まっていない状態です。もうこの時期だと受け入れてくれる産院を探すのは難しいでしょうか?それと、出産費用を自己負担せず、直接健康保険から産院へお金が支払われるようなことを聞いたのですが、どうすればいいのか知りたいです。お願いします。
とても心配です。ためらわず、今すぐ自宅近くの市区町村役…回答を見る

出産手当金について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[出産手当金] 関連用語