みんなの妊娠用語辞典

降圧薬と妊娠

妊娠高血圧症候群の兆候の一つである高血圧を治療します

 降圧薬とは、血圧を下げる薬で、高血圧の治療に使います。高血圧は、妊娠高血圧症候群の重大な症状で、血液の循環が悪くなり、おなかの赤ちゃんに十分な血液が行かず子宮内胎児発育不全、早産などを引き起こします。
 妊娠高血圧症候群の治療は、安静と食事療法が基本ですが、それだけで改善されない場合、降圧薬を投与します。ただ、降圧薬で血圧が急激に大きく下がると、かえって胎盤に行く血液の量が減ることがあります。そのため、入院して医師の管理の下で処方され、様子を見ます(退院後、自宅で服用することもあります)。また、降圧薬は、妊娠高血圧症候群を根本的に治す薬ではありません。
 降圧薬はいくつか種類がありますが、妊娠中は、間脳や交感神経のα受容体に働きかけ、血管拡張作用がある塩酸ヒドララジン、α‐メチルドーパの2種類がよく使われますが、最近はカルシウム阻害薬も使われるようになりました。
 血圧が高いときだけ服用する人がいますが、血圧の高低の変動は危険ですから、自己判断をするのは絶対にやめましょう。

[降圧薬と妊娠] 妊婦の悩みQ&A

「胎動が分からない」「体がだるいのはいつまで続く?」…
不安や悩み、疑問に専門家が回答!「妊婦の悩みQ&A」…回答を見る

降圧薬と妊娠について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[降圧薬と妊娠] 関連用語