みんなの妊娠用語辞典

腎盂腎炎(じんうじんえん)と妊娠

女性は男性の約2倍の発症率があります

 大腸菌などの細菌が、尿管をさかのぼって腎臓の腎盂というところに侵入し、炎症を起こす病気です。腎盂に炎症が起これば、腎盂と接している尿細管など腎臓内部にも炎症が及ぶため、腎盂腎炎と呼ばれています。女性は男性の約2倍も発症します。また、妊婦さんの0.5~2.0%に発症するといわれ、比較的多い病気です。
 妊娠中は増大した子宮が膀胱(ぼうこう)を圧迫することや、ホルモンの影響で腎臓と膀胱をつなぐ尿管の収縮が鈍くなっていること、便秘による腸内の圧迫、膀胱炎からの合併などが影響して起こりやすくなります。

妊娠・出産への影響は直接はないが、一刻も早く治療することが大事

 急性の場合は、突然、激しい寒けや震えを感じ、腰や背中が痛み、38度以上の高熱が出ます。左右どちらかの罹患(りかん)側の腎臓部分に痛みを感じます。尿は濁っています。慢性化すると微熱になりますが、頭痛、倦怠感(けんたいかん)、むくみなど慢性腎炎によく似た症状が現れます。
 おなかの赤ちゃんへの影響は、直接問題になるようなことはありませんが、早産が心配されます。腎臓に上った細菌が子宮内に侵入して、赤ちゃんを包んでいる卵膜が感染を起こすと破水することがあります。破水を起こすと、それが引き金となって陣痛が始まることがあり、妊娠の早い時期に起こると早産になってしまいます。
 多くは高熱による衰弱であり、入院しての治療になります。安静にして抗生剤を点滴します。もし、かかってしまっても、早期に発見して治療すれば妊娠・出産に影響はありません
 予防としては、必要な水分を十分に摂取し、トイレを我慢しないこと。膀胱炎の予防と同じです。

[腎盂腎炎(じんうじんえん)と妊娠] 妊婦の悩みQ&A

5カ月に入って以前より頻尿になりました。雑誌などを見ると、だんだん頻尿が解消されるとあるため気になります。また同じころから、ごく軽い下腹部痛もあり不安です。産院を受診すべきでしょうか。本当にごく軽めな生理痛みたいな感じなので、この程度で産院に行ってもよいものか悩みます。
妊娠すると、大きくなった子宮に膀胱(ぼうこう)が圧迫さ…回答を見る

腎盂腎炎(じんうじんえん)と妊娠について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[腎盂腎炎(じんうじんえん)と妊娠] 関連用語

妊娠・出産・育児グッズのショッピング

powered by たまひよSHOP

人気お助けアイテム

出産内祝いギフト

「知っておきたい!」が一冊に

カテゴリから探す

妊娠・出産・育児のおすすめブランド