みんなの妊娠用語辞典

中絶(人工妊娠中絶)の影響

週数が早いほど、母体への影響は少ない

 現在、母体保護法により人工妊娠中絶が許されているのは、妊娠22週未満までの期間です。妊娠22週になると超低出生体重児であっても、現代の保育器や栄養補給技術によって胎児が生存できる可能性があります。中絶方法は妊娠の週数によって異なり、週数が早いほど、体に与える影響は少なくなります。
 妊娠初期の中絶が、次の妊娠に影響を与えることはほとんどないと考えていいでしょう。妊娠中期になってからの中絶は、薬や器具を用いて、人工的に陣痛を誘発し、子宮の収縮を起こして自然出産と同様に内容物を排出させる方法がとられることが多いようです。
 いずれも、中絶手術が適切に行われ、処置後も発熱などの異常がなく、順調に回復できたのであれば次の妊娠への影響を心配する必要はありません。

[中絶(人工妊娠中絶)の影響] 妊婦の悩みQ&A

「つわり乗り切り方は?」「次の健診まで待てない」…
不安や悩み、疑問に専門家が回答!「妊婦の悩みQ&A」…回答を見る

中絶(人工妊娠中絶)の影響について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[中絶(人工妊娠中絶)の影響] 関連用語

妊娠・出産・育児グッズのショッピング

powered by たまひよSHOP

人気お助けアイテム

出産内祝いギフト

「知っておきたい!」が一冊に

カテゴリから探す

妊娠・出産・育児のおすすめブランド