みんなの妊娠用語辞典

後頸部肥厚(NT)

胎児の首の後ろ側のむくみをチェックします

 胎児の発育にまだ差が見られない妊娠12週前後の超音波検査では、胎児の首の後ろ側の皮膚の下に透明なむくみ(後頸部肥厚=NT)がないかどうかチェックします。この部分の幅を測定し、3~5mmを超えるむくみが見られたとき、統計的に染色体異常の確率が高いとされています。ただし、この値が大きめの場合に必ず胎児に染色体異常が見られるということではありません。また、妊娠週数が進むにつれ、平均値に近づいてくることもあります。超音波検査によるNTの測定は普及してからまだ日が浅く、検査を行わない、または同意書を必要とする産院もあり、対応はさまざまです。NTの測定を希望する場合は、通っている産院の医師に確認してみてください。

[後頸部肥厚(NT)] 妊婦の悩みQ&A

妊娠4カ月です。この間健診に行ってきたのですが、超音波で赤ちゃんの大きさと羊水(ようすい)の状態を診ただけで、心拍は確認しませんでした。順調と言われたのですが、健診では毎回心拍は確認しないものなのですか?
実はこれ、よく妊婦さんに聞かれる質問です。…回答を見る
初めての妊娠で17週です。今までは内診と経腟超音波で胎児の様子を見ることができていたのに、今回の健診からは経腟超音波がなくなり経腹超音波もありませんでした。心音はしっかりとしていて、異常なしとは言われましたが、せっかくエコーも楽しみにしていたのに、残念で、様子がわからないことも不安です。28週までエコーがない健診は普通ですか?
通常、大きな病院では、妊婦さんに合併症があったり、胎児…回答を見る

後頸部肥厚(NT)について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[後頸部肥厚(NT)] 関連用語