みんなの妊娠用語辞典

妊婦 水銀

キンメダイ、メカジキ、本マグロは1週間に1切れが目安です

 私たちが普段の食事で体にとり込んでいる水銀の量は、健康に影響を与えない程度の量で、徐々に排泄されます。ところが、おなかの赤ちゃんは排泄できないため、魚の中に含まれている水銀の量がある一定以上になったとき、胎児の中枢神経に影響が出る可能性が指摘されています。
 厚生労働省により注意が必要とされている魚の中で、一般的によく食べられている魚と摂取の目安量は、キンメダイ、メカジキ、クロマグロ(本マグロ)、メバチマグロを1週間に80g(およそ1切れ)、キダイ、マカジキ、ユメカサゴ、ミナミマグロ(インドマグロ)は1週間に2切れです。
 魚は良質なタンパク源でもあります。健康的な食生活のために、いろいろな種類をバランスよく食べましょう。

[妊婦 水銀] 妊婦の悩みQ&A

「つわり乗り切り方は?」「次の健診まで待てない」…
不安や悩み、疑問に専門家が回答!「妊婦の悩みQ&A」…回答を見る

妊婦 水銀について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[妊婦 水銀] 関連用語

妊娠・出産・育児グッズのショッピング

powered by たまひよSHOP

人気お助けアイテム

出産内祝いギフト

「知っておきたい!」が一冊に

カテゴリから探す

妊娠・出産・育児のおすすめブランド