みんなの妊娠用語辞典

妊娠中の自転車

妊娠中は事故を起こしやすいもの。基本的にやめましょう

 妊娠中は反射的な行動が鈍くなる上にバランスがとりにくくなるため、接触事故を起こしやすくなります。また、微細な振動が子宮を刺激して、おなかが張りやすくなることもあります。とくに妊娠初期は控えましょう。基本的に妊娠中は乗らないほうが安心ですが、どうしても自転車を使わなければならない場合は、まだ胎盤の形成が安定しない妊娠初期と、おなかが大きくなり、足元の視野が悪くなる妊娠後期は避け、比較的体が安定している中期だけにしましょう。

自転車に乗るときの注意点

 自転車でいちばん怖いのは、転倒することです。スピードの出しすぎや交通量の多い狭い道での走行は控えましょう。また、前かごや左右のハンドルに重い荷物をぶら下げたりするのはハンドルをとられやすくなるので禁物です。でこぼこ道も避け、歩道と車道の段差にも注意を払いましょう。

[妊娠中の自転車] 妊婦の悩みQ&A

現在、妊婦7週です。自転車に乗ると、振動が影響して流産になる、という話がありますが、本当でしょうか?どの程度なら、自転車に乗っても大丈夫でしょうか?通勤や通院は、自転車が便利で、片道10分くらい乗るのですが…。
妊娠初期は10~15%の確率で自然流産が起きます。これ…回答を見る
今、妊娠5カ月です。妊娠してから電車やバスに乗ると揺れや振動で気持ち悪くなります。私のほかにもそういう妊婦さんはたくさんいらっしゃるのでしょうか?
つわりの時期やつわりが治まったころは、乗り物酔いになり…回答を見る
6カ月の初産婦です。子宮口が短いと言われ薬を出され自宅安静なんですが、家にいて横になってるのも体が鈍ると思い仕事復帰を考えています。でもおなかの張りやトイレもかなり近く赤ちゃんのことを考えると無理なのかなと……。車の運転や、家にいても気をつけなきゃダメなことは、何かありますか?
子宮頸管(しきゅうけいかん)が短くて自宅安静をしている…回答を見る

妊娠中の自転車について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[妊娠中の自転車] 関連用語

妊娠・出産・育児グッズのショッピング

powered by たまひよSHOP

人気お助けアイテム

出産内祝いギフト

「知っておきたい!」が一冊に

カテゴリから探す

妊娠・出産・育児のおすすめブランド