みんなの妊娠用語辞典

黄体ホルモン(プロゲステロン)

妊娠すると高温期が続くのは黄体ホルモンの影響です

 黄体ホルモンは、妊娠を維持するために必要なホルモンです。乳腺(にゅうせん)の発達や、体温を上昇させる働きもあります。
 成熟した卵胞から卵胞ホルモンが分泌され、この量がピークになると、脳の視床下部でキャッチされ、今度は下垂体から黄体化ホルモン(LH)の分泌が始まります。すると、卵巣内の卵胞に作用して排卵が起こります。黄体ホルモンは子宮内膜をやわらかなベッドのような状態に仕上げ、約2週間、受精卵を待ち受けていますが、受精が起こらないと卵胞ホルモンとともに分泌量が減り、子宮内膜がはがれ落ちて月経が始まります。
 妊娠すると卵胞ホルモンは分娩まで増加し続けますが、黄体ホルモンは妊娠8~9カ月でピークとなり、その後分娩まで低下します。黄体ホルモンの影響で高くなっていた体温は妊娠4カ月以降、次第に正常に戻ります。

[黄体ホルモン(プロゲステロン)] 妊婦の悩みQ&A

「つわり乗り切り方は?」「次の健診まで待てない」…
不安や悩み、疑問に専門家が回答!「妊婦の悩みQ&A」…回答を見る

[黄体ホルモン(プロゲステロン)]

ウィメンズパーク(会員登録)へ

口コミをご覧になるにはウィメンズパークの会員登録(無料)が必要です。

[黄体ホルモン(プロゲステロン)] 関連用語