みんなの妊娠用語辞典

医療費控除

出産で出費がかさんだ年は、少しでも戻ってくる可能性あり

 1年間に多くの医療費がかかったとき、確定申告すれば、払った税金の一部を戻してくれます。出産で出費がかさんだ年は、少しでも戻ってくる可能性があります。
 会社員なら、勤務先の会社が年末調整で税金の過不足を調整してくれますが、医療費が多くかかった年や住宅を購入した年などは、年度末に自分で申告をしないと取り戻せません。妊娠、出産でかかった医療費も医療費控除の対象です。手続きをすれば、所得税として払ったお金の一部が戻ってくることがあります。出産した年には領収書を集めるなど、申告の準備をしましょう。

家族全員で1年間に支払った医療費の合計が10万円を超える場合

 申告するのは、原則として2月中旬から3月中旬です。対象となるのは、申告する前の年1年間の医療費が、家族全員で合計10万円を超えた場合になります。申告は所得税を払っている人(年収103万円を超える人)なら、パパでもママでもどちらか一方で行えます。2人の所得がそれほど差がなければどちらが申告しても同じです。
 ただし、所得税率表の区分が変わるくらいの違いがあるなら、所得の多い人が申告したほうが還付金は多くなります。また、パパとママの所得税率が共に10%で、一方の所得が200万円未満なら、足切り額が少なくて済む200万円未満の人が申告するほうが還付金が多く戻ってきます。

[医療費控除] 妊婦の悩みQ&A

「つわり乗り切り方は?」「次の健診まで待てない」…
不安や悩み、疑問に専門家が回答!「妊婦の悩みQ&A」…回答を見る

医療費控除について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[医療費控除] 関連用語

妊娠・出産・育児グッズのショッピング

powered by たまひよSHOP

人気お助けアイテム

出産内祝いギフト

「知っておきたい!」が一冊に

カテゴリから探す

妊娠・出産・育児のおすすめブランド