みんなの妊娠用語辞典

子どもの預け先

復帰前に見学して、子どもにとってベストな施設を

 産後も仕事に復帰する場合、子どもの預け先を考える必要があります。保育時間や保育料、受け入れ可能な月齢などは施設によって異なります。パートナーや家族とよく話し合い、子どもにとってベストな預け先を選びましょう。

<おもな預け先>

認可保育園

 施設の設備や保育士の数、保育時間、保育内容など、国が定めた最低基準を満たしている保育園。自治体が設置した公立のほか、社会福祉法人やNPOが運営する私立もあります。

認可外保育園

 自治体の認可を受けていないすべての保育施設のこと。延長保育や24時間保育、休日保育などさまざまなニーズにこたえる施設が多く見られます。

認証保育園

 認可外でも一定基準を満たし、自治体から助成を受けている保育施設。呼び名が自治体によって異なるので、自分の地域の認証保育園を知りたいときは役所に問い合わせを。

駅型保育所

 駅ビルや駅に隣接した建物の中にある保育施設のこと。厚生労働省の事業として、国の助成を受けています。

ベビーホテル

 24時間保育や一時預かりを行っている認可外の保育施設。保育の質や料金にかなりの幅があるので、必ず見学してから選びたいものです。

ファミリーサポートセンター

  自治体が運営している、地域の中で預かる人を紹介してくれるシステム。

家庭保育園(保育ママ)

 部屋の広さや資格など、各自治体の基準に合う人が保育ママとなり、子どもを預かってくれるシステム。

ベビーシッター

 基本的には保育者が自宅まで来て、留守中の子どもを保育してくれます。

認定子ども園

 幼稚園と保育園、両方の役割を併せ持った保育施設のこと。親が働いていることは問われず、幼稚園のような短時間保育、保育園のような長時間保育、いずれにも対応しています。 

[子どもの預け先] 妊婦の悩みQ&A

「運動しないと難産に?」「これが前駆陣痛?」…
不安や悩み、疑問に専門家が回答!「妊婦の悩みQ&A」…回答を見る

子どもの預け先について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[子どもの預け先] 関連用語

妊娠・出産・育児グッズのショッピング

powered by たまひよSHOP

人気お助けアイテム

出産内祝いギフト

「知っておきたい!」が一冊に

カテゴリから探す

妊娠・出産・育児のおすすめブランド