みんなの妊娠用語辞典

梅毒

抗菌薬を使用することで、ほとんどの場合治ります

 トレポネーマ・パリーズムという微生物の感染による、慢性の伝染病です。セックスやそれに近い性的接触で皮膚や粘膜から感染します。感染後2~3週間の潜伏期間を経て、外陰部などの感染部分にかたいしこりができ、それが肛門や口の中に広がります。胎盤を通して赤ちゃんに感染し、流・早産、胎児死亡の恐れがあります。早期治療によって感染を予防できるため、血液検査(梅毒血清反応検査)で確認します。
 感染後の期間が短ければ抗菌薬を注射・服用することでほとんどの場合治ります。ただし、症状が進み治療が遅れるほど、多量の薬が必要となります。

[梅毒] 妊婦の悩みQ&A

8週のとき、おりもの検査をしたのですが、クラミジアになっており、「セックスはしない!するなら避妊をしてください」と言われたのですが、流れで2回ほど薬を飲んでいる途中にセックスをしてしまいました!これは再発してますよね? 治っていないと危ないですか? かなり不安です。今13週なのですが、今からでも完治しますか?
クラミジアなどの性感染症は、…回答を見る
31週です。この間おりもの検査でクラミジアにかかってることがわかりましたクラミジアは性交で感染すると聞いたのですが、4カ月くらいからずっと性交はしていません。最近かゆみも出てきました。サイトで調べた限りでは症状がカンジダに似ているんですが、本当にクラミジアなんでしょうか?性交していないのになんで感染したのでしょうか?
クラミジア感染症は症状が出にくく、…回答を見る
妊娠9カ月の初産婦です。この間の性器クラミジア検査が陽性でした。パートナーは陰性でした。クラミジアは性交感染以外には絶対にないと聞きました。しかし、私は今のパートナーと出会ってからは、ほかの人とそのようなことはしていません。どうして私だけ陽性なのでしょうか?パートナーは私が浮気したと疑っているみたいです。
よく産院の外来などでも…回答を見る

梅毒について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[梅毒] 関連用語