みんなの妊娠用語辞典

風疹抗体価検査

免疫がない場合は、感染しないように注意します

 風疹の免疫があるかどうかを確認する検査です。妊娠初期に風疹に感染すると流産の心配や、赤ちゃんが先天性風疹症候群にかかる可能性があります。風疹のHI抗体価は8の倍数で示され、8倍未満なら免疫がないことになります。HI抗体価が16倍以下は低抗体価といい、HI抗体価が256倍以上は高値とされます。抗体価が高かった場合は最近感染した可能性があるため、再検査をすることになります。

[風疹抗体価検査] 妊婦の悩みQ&A

血液検査の結果で風疹(ふうしん)の抗体が高いと言われました。妊娠中に風疹らしい症状はなかったのですが、いつかかったのか詳しく検査中です。とても心配です。
妊娠20週くらいまでに妊婦さんが風疹に感染すると、…回答を見る
先日、風疹の抗体価検査で「数値16で弱い抗体があるものの、かかる可能性もあるので、20週までは外出を控えたほうがいい」と言われました。住んでいる地域での流行も報道され心配ですが、通勤で電車など人込みも避けられません。最善の予防法を教えてください。
最近、20代30代で風疹が大流行しているようなので、…回答を見る

風疹抗体価検査について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[風疹抗体価検査] 関連用語