みんなの妊娠用語辞典

甲状腺の異常

甲状腺機能のチェックを受けながら医師の指示を守って

 甲状腺ホルモンは、体の成長や発育、体温の調節、女性の性機能にも関係しています。この甲状腺ホルモンが過剰に分泌されたり、逆に不足してしまう病気があります。バセドー病などの甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)は甲状腺ホルモンが過剰に分泌されるため、甲状腺が腫(は)れたり、脈が速くなったり、動悸(どうき)などが起こる病気。この病気の人が妊娠した場合、甲状腺の機能を定期的に検査し、薬を服用して甲状腺機能をコントロールします。薬を服用しないと、妊娠高血圧症候群を起こしやすく、赤ちゃんは低出生体重児になることがあります。甲状腺ホルモンの少ない甲状腺機能低下症の場合も、妊娠中は薬によるコントロールが必要です。ホルモンが不足すると、流・早産を招いたり、IUGR(子宮内胎児発育不全/しきゅうないたいじはついくふぜん)を起こすことがあります。
 いずれの場合も甲状腺機能のチェックをきちんと受け、かかりつけ医と産婦人科医の指示を守るようにしましょう。

[甲状腺の異常] 妊婦の悩みQ&A

妊娠初期に動悸(どうき)があり、甲状腺機能検査(採血)を行いました。高値ではないため、様子観察と言われましたが、通常より数値がやや低めでした。妊娠前から高コレステロールだったため、サイトを見て甲状腺機能低下症かなと思うようになりました。健診までまだ日にちがあります。産婦人科に行ったほうがいいのか、内分泌科に行ったほうがいいのかわかりません。
妊娠初期に増加するプロゲステロンという…回答を見る

甲状腺の異常について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[甲状腺の異常] 関連用語