みんなの妊娠用語辞典

腎臓病

悪化すると、胎児の発育遅延や流・早産の可能性が

 腎臓は体内のいらなくなったものを尿として排出したり、血圧をコントロールしたり、血液をつくる働きをサポートしたりと、さまざまな働きをしています。妊娠すると赤ちゃんの分も合わせて、普段の2倍の働きをしなければなりません。ところが、もともと腎臓が悪くて十分に機能が働かないと、血液中に老廃物がたまり、その結果、尿毒症になったり、高血圧になります。また、腎臓の働きが低下すると胎盤(たいばん)に十分な酸素と栄養が供給されにくくなり、悪化すると赤ちゃんの発育遅延や流・早産、胎児死亡につながる恐れがあります。

減塩、高タンパク、低カロリーの食事を心がけて

 腎臓の病気には腎機能が低下する「腎不全(じんふぜん)」や糖尿病が原因の「糖尿病性腎症(とうにょうびょうせいじんしょう) 」、尿中に多量のタンパク質がもれる「ネフローゼ症候群」、「慢性腎炎」などがあります。症状や状態によっては、妊娠・出産は可能です。妊娠の許可が出た時点で、かかりつけ医と産婦人科医の連携のもと、減塩、高タンパク、低カロリー食などの注意を守り、安静を心がけましょう。

[腎臓病] 妊婦の悩みQ&A

「つわり乗り切り方は?」「次の健診まで待てない」…
不安や悩み、疑問に専門家が回答!「妊婦の悩みQ&A」…回答を見る

腎臓病について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[腎臓病] 関連用語