みんなの妊娠用語辞典

出血

少量でも、出血があったら産院へ連絡

 おりものなどに混ざった出血は、心配のないものもあれば、トラブルのサインであることもあります。妊娠時期やそのほかの症状によって、原因はさまざまです。  出血が見られたら、あわてずに清潔なナプキンをあて産院に連絡します。そしていつから出血が起こり、どのくらいの量でどのような色だったか、覚えておきましょう。また、入浴は細菌感染の心配があるため、出血が見られたら絶対にやめましょう。少量だから大丈夫、と決して自己判断をしないようにしましょう。

胎盤が完成するまでの間は出血が起こることも

妊娠初期から中期にかけて、胎盤(たいばん)が完成するまでの間は出血が起こることがあります。妊娠判明の前後に着床時出血(ちゃくしょうじしゅっけつ)と呼ばれる少量の出血が起こることがありますが、これは胎盤のもととなる絨毛(じゅうもう)が子宮の壁に進入していく過程で起こる出血で、赤ちゃんへの影響は心配ありません。また、絨毛膜下血腫(じゅうもうまくかけっしゅ)と呼ばれる出血も時々起こります。これは胎盤が安定するまでの間に子宮を包む絨毛膜の外側に血のかたまりができ、出血することが原因です。血腫が大きいと流産する恐れがありますが、小さい場合は自然に吸収されます。
 そのほかにも、子宮頸管(しきゅうけいかん)ポリープや子宮腟部(しきゅうちつぶ)びらんなどがあり、セックスや内診による接触で出血する場合もあります。出血が起こりやすい時期とはいっても、妊娠初期・中期は流産の前兆として出血が起こることがあるので、出血が見られたら、産婦人科に連絡しましょう。

妊娠中・末期は早産や前置胎盤などが考えられます

 妊娠中期、末期に多い出血の原因としては、早産、前置胎盤(ぜんちたいばん)、常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)などが考えられます。早産では定期的なおなかの張りや痛み、常位胎盤早期剥離では強い腹痛と子宮収縮が起こり、おなかが板のようにカチカチになるのが特徴です。前置胎盤の場合は痛みもなく突然出血するのが特徴です。いずれも早急に処置をしないと母子ともに危険な状態になる恐れがあるので、緊急に受診しましょう。

[出血] 妊婦の悩みQ&A

6週に入りました。セックスのあとで生理ほどの量ではないですが、出血がありました。1日様子を見ましたが、腹痛もなく、その後は無色のおりものでした。何の出血なんですか?流産しやすくなりますか?
診察してみないとわからないのですが、可能性としていくつ…回答を見る
妊娠13週の初マタです。出血を何度か繰り返しているのですが、そのたび「おなかの張りありますか?」と聞かれます。正直まだおなかも出ていないので、おなかの張りと言われてもわからなくて…おなかの張りってどんな感じなんですか?
妊娠13週では、そんなにおなかの張りを感じることはない…回答を見る
妊娠4カ月です。初期のころから、出血が続いていて、先週も出血したため産院に行ってきました。血のかたまりがあり、それが少しずつ出ているためで、赤ちゃんには問題ないとのこと。ホッとしてはいるもののかたまりがあるので、まだ出血するとは言われています。そして昨日あたりからまた出血が続いてますが、何を基準に産院に行けばいいのかわからなくなってしまいました。痛みが伴わなければ大丈夫なのでしょうか?
妊娠中は、痛みがなくても出血が少しでもあるのならば受診…回答を見る

出血について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[出血] 関連用語