みんなの育児用語辞典

自我

脳の発達により自我が芽生えます

 それまでママの思いどおりになっていた赤ちゃんが、1才6カ月ごろになると急に「イヤ」「ダメ」といった反抗的な言葉を口にしたり、なんでも「イヤイヤ」になってしまうことが増えてきます。これは、脳の発達によって赤ちゃんの中に自我が芽生えた(自己認知能力を獲得した)という証拠です。赤ちゃんはせっかく芽生えた自我を守ろうとして、「僕はママの言うとおりにならない」と抵抗を繰り返します。

自我の芽生えを大切に。しばらくはイヤイヤにつき合って

 自我の芽生えや自己主張は、生きる力の原動力となるもの。また、これから自己コントロールを学ぶためにも必要なプロセスです。ママはしばらく大変な時期に入りますが、子どもの自我の芽をつぶさないためにも上手にイヤイヤとつき合っていくことが大切です。

[自我] ママの悩みQ&A

1才2カ月になる娘が、最近気に入らなかったり思いどおりにならないと、人をたたいたり物を投げたりします。ひどいときは泣きじゃくって、あやしてもしばらく泣きやまないときがあります。これは日ごろの私の接し方が悪いのでしょうか?それとも性格なのでしょうか?一応、たたいたり物を投げたりしたら、わからないだろうと思いますが、「ダメ」と言ってはいます。
こういう行動が、いわゆる「自我」によるものです。1才に…回答を見る
1才7カ月の女の子なのですが最近、自我が強くなってきたみたいで、自分の思うようにいかないと大泣きします。ひどいときは、自分で頭をグーでたたいたり引っかいたりします。このような行動は大丈夫なのでしょうか?あまりにもつらい光景なので、あまり見たくないです。
この時期の子は多かれ少なかれこのような行動をとって、自…回答を見る

自我について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[自我] 関連用語

妊娠・出産・育児グッズのショッピング

powered by たまひよSHOP

人気お助けアイテム

出産内祝いギフト

「知っておきたい!」が一冊に

カテゴリから探す

妊娠・出産・育児のおすすめブランド