みんなの育児用語辞典

かむ練習

指でつぶせる程度のやわらかさまで煮ましょう

 かたすぎる食べ物だと、子どもはかまずに飲み込んでしまうことがあります。逆に歯ごたえのないものだと、かむ練習ができません。にんじんやじゃがいもなどを指でつぶせる程度のやわらかさまで煮て、大ぶりに切ったものは、歯ぐきでかむ練習に、薄切りのりんごなどは、前歯でかむ練習になります。
 肉類やほうれん草などの葉もの野菜は、パサパサしていて繊維もあるため、2才くらいの子でも飲み込みにくいでしょう。繊維を断つように切って、仕上げにとろみをつけるなど、調理法を工夫することが必要ですね。また、口に食べ物がいっぱい入っていると飲み込みにくいので、少しずつ口に入れ、かんで飲み込んだのを確認してから、食べさせるようにしましょう。

[かむ練習] ママの悩みQ&A

8カ月半の女の子です。2回食になって1カ月半がたちました。離乳食はこの時期の目安の量を、遊び 食べをしながらも毎日完食します。先日、ミルクメーカーの離乳食相談会で「まだ歯が生えてないので、せめて下の歯が2本生えるまでは3回食(カミカミのころのかたさ)にしないほうがいい」と言われました。歯の生え方は個人差が大きいと聞きますが、9~10カ月になっても歯が生えてない場合は、2回食のかたさ&量のままのほうがいいのでしょうか?
3回食になると、奥の歯ぐきで食べ物をかむようになります…回答を見る
1才1カ月の女の子です。離乳食をよく食べるのはいいのですが、ごはん(白米)だけはあまりかまずに飲み込んでしまいます。かたさを変えてもごはんだけはまる飲みです。おかずは、豆腐でも野菜でも比較的よくかんで食べています。納豆などをかけると、納豆のある部分はかむのですが、ごはんの比率の高い部分だとまる飲みしてしまうこともあります。
ごはんだけかまないというのは不思議ですね。ごはん以外の…回答を見る

かむ練習について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[かむ練習] 関連用語

妊娠・出産・育児グッズのショッピング

powered by たまひよSHOP

人気お助けアイテム

出産内祝いギフト

「知っておきたい!」が一冊に

カテゴリから探す

妊娠・出産・育児のおすすめブランド