みんなの育児用語辞典

読み聞かせ

読み手である親も、共に楽しむことが大切です

 絵本の読み聞かせで大切なことは、上手に読むことではなくて、読み手であるママやパパも一緒に楽しむことです。絵本を読み聞かせてあげると、赤ちゃんの反応で気持ちがわかったり、ママの読み方によって赤ちゃんがママの心を感じることができます。つまり絵本の読み聞かせは、親子のコミュニケーションそのものです。

読み聞かせのポイント

★赤ちゃんをひざに抱っこして読んであげて
 親子がリラックスできる姿勢がいちばん。赤ちゃんをひざに座らせてあげると、ママの声を体全体で感じられるので、ママに守られているようなゆったりした気分になります。
★自然な読み方で
 演技をする必要はないので、自然に淡々と読めばOK。ママが絵本を楽しんでいれば、自然に声に表情がつくでしょう。「何が出てくるかな」「どこにいったのかな?」など絵本に書かれてなくても、赤ちゃんの気持ちをひきつけたり、盛り上げるような語りかけをしてあげましょう。
★赤ちゃんがどんどんページをめくってもOK
 まだ1才代だと絵本の内容よりもページをめくるほうに興味をもつ場合も。それはそれでOKです。好きにさせてあげましょう。
★赤ちゃんが飽きたら、ほかの遊びを始めても
 赤ちゃんが集中できるのは、2~3分。長くとも7~8分です。絵本に飽きたら、無理強いせずにほかの遊びをしましょう。

[読み聞かせ] ママの悩みQ&A

1才3カ月の娘のママです。本を読んであげても、2~3ページめくってすぐにほかの本に移ってしまったり、おもちゃを出しても、ほんの数十秒遊んでやめてしまったりの繰り返しです。まだ小さいのでそれが当たり前だとは思うのですが、集中力のある子に育てたいです。集中力をつけるには、いつごろから意識してしつけていけばいいでしょうか。今から何かしておいたほうがいいことはありますか?
3才までは落ち着きのないのが普通で、1才3カ月の子に集…回答を見る
「イヤイヤ 困ってます」「卒乳の仕方は?」…
育児の悩みに専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…回答を見る

読み聞かせについて先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[読み聞かせ] 関連用語