みんなの育児用語辞典

免疫機能

予防接種は赤ちゃんが免疫をつくる助けとなります

 外からの細菌やウイルスなどの病原体から体を守る働きを「免疫」といい、体の働きの中でも最も重要なもののひとつです。赤ちゃんはママからさまざまな病気に対する免疫をもらってきますが、ママの免疫はだんだん減ってきて、しだいに赤ちゃん自身が自分で免疫をつくることになります。予防接種はその助けとなるものです。赤ちゃんは1才になるころには、皮膚や消化管、気道の粘膜などを通じて、すでにたくさんの種類の細菌やウイルスと接触してきているので、赤ちゃんの体の中には、赤ちゃんを病原菌から守る免疫機能が育ってきています。このような自然感染と、予防接種をきちんと受けることで抵抗力が高まっていくわけです。とはいえ、病気への注意を怠っていいというわけではありません。外から帰ったら手を洗う、病気がはやっている時期は人ごみに連れていかないなどの注意は必要です。

[免疫機能] ママの悩みQ&A

6カ月になる娘です。免疫がほとんどなくなる時期だと思いますが、感染症にかかりにくくするため、電車などに乗車中の予防策はありますか?
まずは不必要なお出かけを避けることです。冬はとくに人の…回答を見る
1歳を過ぎ、鼻水、せきなど風邪をひくようになりました。病院へ行くと薬をもらいますが、義母は、「軽い風邪は薬を飲まず、自力で菌と闘わせないと免疫がいつまでたってもつかない!」と話してました。本当ですか?
風邪には特効薬がありません。風邪の診断で処方される薬は…回答を見る

免疫機能について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[免疫機能] 関連用語

妊娠・出産・育児グッズのショッピング

powered by たまひよSHOP

人気お助けアイテム

出産内祝いギフト

「知っておきたい!」が一冊に

カテゴリから探す

妊娠・出産・育児のおすすめブランド