みんなの育児用語辞典

あんよ

ゆっくりの子は1才6カ月ごろ。多少遅くても心配ありません

 あんよができるためには4つの条件があります。
 1つは、体を1本の脚で支えられるほど筋力がついていること、2つ目は転ばないように体のバランスをとる機能が発達して、左右交互の運動ができるようになること、3つ目は転んだときに手が前に出る防衛姿勢がとれること、そして4つ目が赤ちゃん自身の歩きたいという意欲です。4つの条件がそろって初めて赤ちゃんは歩き始めます。
 目安として1才で約5割、1才3カ月で約8割、1才6カ月までにほとんどの赤ちゃんが歩けるようになります。最初は両手を上げてバランスをとりながらよちよち歩きをします。慣れてくると手を下ろし、床からの衝撃を吸収するようにひざを軽く曲げて歩きます。赤ちゃんはあんよをするほどに上手になっていきます。1日1回は外に連れ出し、公園など安全な場所でたくさん歩かせてあげましょう。立っちとあんよは早い子は8カ月ごろ、ゆっくりの子は1才6カ月ごろと、その時期に10カ月ほどの幅があるので、これまでの発達が順調なら、多少遅くても心配することはありません。

[あんよ] ママの悩みQ&A

1才1カ月の女の子です。まだ、立っちもあんよもできず、移動手段はずりばいか、たまにひざをついたはいはいをするくらいです。つかまり立ちは10カ月で、つたい歩きは1才と遅めです。伝い歩きは、ちょっとはするものの、あまり積極的にはしません。ほとんど、つかまり立ちばかりです。保育園や子育て支援施設の集まりで、同じくらいの年齢の子たちが、歩いたり立っちしたりしていているのを見ると、ダメだと思いつつ、比べてしまい落ち込みます。
1才になったばかりの子どもで一人歩きができるのは半数で…回答を見る
1才2カ月の息子がいます。1才になる少し前から歩き始めたのですが、たまに歩いてると足が絡まっていくというか、クロスしていく感じやいきなり足が前に出ないことがあります。まだ歩き始めたばかりなので気にしないでいいのでしょうか?一度診断してもらったほうがいいのでしょうか?
歩き始めから2才くらいまでは、足の形や歩き方について心…回答を見る

あんよについて先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[あんよ] 関連用語

妊娠・出産・育児グッズのショッピング

powered by たまひよSHOP

人気お助けアイテム

出産内祝いギフト

「知っておきたい!」が一冊に

カテゴリから探す

妊娠・出産・育児のおすすめブランド