みんなの育児用語辞典

言葉の理解

赤ちゃんの思いをママやパパが言葉にしてあげることが大切

 言葉の発達の大きな特徴は、言葉の意味がわかるようになってから、言葉が音声になって出てくるということです。意味のある言葉をしゃべるようになる1才過ぎまでは、「ア~」「ナンナンナン」など喃語(なんご)ばかりですが、赤ちゃんはママの話す言葉の意味はある程度わかっていますし、思う以上にママやパパの感情も読みとることができています。それなのに、話すことができないのは、思ったことを整理して舌を動かすという脳の命令系統がまだしっかり出来上がっていないからです。赤ちゃんは話せなくても、言葉を聞くことで、言葉をたくさんためこんでいます。生活のいろいろな場面で語りかける、または絵本を読み聞かせるなどして、赤ちゃんにたくさんの言葉を聞かせてあげましょう。また、赤ちゃんが犬を見て「アッ」と指をさしたときに、ママは「わんわん、ねんねしてるね」などと赤ちゃんの伝えたい気持ちに共感し、その思いを言葉にしてあげることが大切です。赤ちゃんはママに思いをわかってもらったことがうれしくて、また伝えたいという気持ちになるでしょう。相手に伝えたい気持ちは、言葉の発達の原動力となります。

[言葉の理解] ママの悩みQ&A

9カ月の娘は、ほとんど喃語(なんご)を話しません。「あー」「うー」などとおしゃべりをしているのをほとんど聞いたことがありません。話しかけるような声もないです。人見知りや後追いはあり、呼びかけにも振り向きます。また最近はまねをしたり「おいで」や「おっぱい飲む?」などと言うとうれしそうに近寄ってきたりするので、コミュニケーション的に成長は見られるのですが、とにかく声が出ず本当に静かで、心配になってきました。発達に問題があるのでしょうか。
まず質問ですが、新生児の聴覚スクリーニングは受けていま…回答を見る
1才2カ月です。抱っこすると「あ、あ」と声を出し、あれこれと要求します。どうしてもこたえられないとき、伝えてもまだ理解できないため大泣き。そんなわが子にイライラし、イライラする自分が悲しくなります。大泣きのわが子と、イライラの自分にどう対処してよいかわかりません。
赤ちゃんが何を要求しているのか、それを探り、考え、対処…回答を見る

言葉の理解について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[言葉の理解] 関連用語