みんなの育児用語辞典

あいさつ

ママとパパが元気にあいさつをかわす様子を見せましょう

 あいさつはコミュニケーションの基本です。でも、自分からあいさつができるようになるのは、3才過ぎてからです。それまでは、ママやパパが見本を見せながら、「あいさつは気持ちがいい」「あいさつってなんか楽しそう」といったイメージをつくってあげればいいでしょう。おうちの中でママとパパが元気にあいさつをかわしたり、外で誰かに会ったときに気持ちよく「こんにちは」「さようなら」「またね」と声をかけ合う姿を見せたりすることが大切です。
 「おはよう」「おやすみ」「いただきます」「ごちそうさま」「ありがとう」といった生活の節目としての声かけは、赤ちゃんにもどんどんしていきましょう。そのうち赤ちゃんもママやパパのまねをして頭をペコンと下げたりするようになるでしょう。あいさつを無理強いするようなことはやめておきましょう。

[あいさつ] ママの悩みQ&A

「夜泣きがひどい」「離乳食を食べてくれない」…
育児の悩みに専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…回答を見る

あいさつについて先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[あいさつ] 関連用語

妊娠・出産・育児グッズのショッピング

powered by たまひよSHOP

人気お助けアイテム

出産内祝いギフト

「知っておきたい!」が一冊に

カテゴリから探す

妊娠・出産・育児のおすすめブランド