みんなの育児用語辞典

心肺蘇生法(しんぱいそせいほう)

自治体などが主催する講習会に参加して、マスターしましょう

 赤ちゃんは呼吸停止を起こしてから、心停止に至ることが多いため、救急車が到着するまでの間に心肺蘇生法が行われると、救命率がより高くなります。万が一のとき、そばにいるママやパパが心肺蘇生法を知っているか否かで赤ちゃんの命が救えるかどうかの分かれ目になることも。ママは自治体などが主催する講習会などに積極的に参加して、正しい心肺蘇生法をマスターしておきましょう。

心肺蘇生法

意識・呼吸・心拍がないとき

1.意識があるか確認します
 肩などを軽く叩きながら、耳元で名前を呼びます。反応がなければすぐに救急車を呼びます。
2.気道を確保します
 人さし指と中指で、赤ちゃんの下あごを引き上げるようにして、頭を軽く後方に傾けます。頭を傾けすぎないように注意します。
3.呼吸の確認をします
 気道を確保したまま耳と頬を赤ちゃんの口と鼻に近づけ、10秒ほど吐く息が感じられるかを確認します。同時に胸やおなかのあたりを見て、上下に動いているかを確認します。
4.人工呼吸をします
 呼吸がない場合は、気道を確保したまま人工呼吸をします。

人工呼吸の方法

(1)指で赤ちゃんの鼻の先のほうをしっかりつまみ、赤ちゃんの口をママの口で覆います。
(2)1回に1~1.5秒かけて、軽く胸がふくらむ程度に2回連続して息を吹き込みます。
5.気道を確保したまま、呼吸、脈拍、心臓の鼓動の有無を10秒以内で確認します。
6.胸骨圧迫+人工呼吸をします
 脈拍・心臓の鼓動がない(心停止)ときは、胸骨圧迫(きょうこつあっぱく)を30回+人工呼吸1~2回で1サイクルとして1分間続けます。

胸骨圧迫の方法

(1)両乳首を結んだ線が、胸の中央を縦にとおる胸骨と交差するところから、指の幅1本分下側のところが圧迫する部位です。
(2)2~3本の指をここに置き、胸の厚さのおよそ3分の1の深さにくぼむまで、強く押します。
(3)1分間に約100回の速さで胸骨圧迫をして、その合間に3~6回人工呼吸をします。
※救急隊が到着するまで、5.~6.を続けます。

呼吸はあるが、意識がないとき

 あお向けの姿勢だと舌が気道をふさいだり、吐いたものをのどに詰まらせて窒息する危険があるので、下の手順で「回復体位」と呼ばれる姿勢にさせます。
(1)ママはあお向けに寝かせている赤ちゃんの体のそばに座ります。
(2)ママ側にある赤ちゃんの腕を赤ちゃんの体から離して広げます。
(3)片腕を広げたまま、赤ちゃんの体をママ側に倒し、横向きにします。
(4)赤ちゃんの体の上側の脚を軽くくの字に曲げて床につけます。体の上側の腕を軽く曲げて手の甲を赤ちゃんの頬の下に敷きます。その際、赤ちゃんの顔はあごを軽く前に突き出すようにし、口元が手の甲につくようにさせます。

[心肺蘇生法(しんぱいそせいほう)] ママの悩みQ&A

「夜泣きがひどい」「離乳食を食べてくれない」…
育児の悩みに専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…回答を見る

心肺蘇生法(しんぱいそせいほう)について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[心肺蘇生法(しんぱいそせいほう)] 関連用語

妊娠・出産・育児グッズのショッピング

powered by たまひよSHOP

人気お助けアイテム

出産内祝いギフト

「知っておきたい!」が一冊に

カテゴリから探す

妊娠・出産・育児のおすすめブランド